ABOUT US

ヨガを通じて知り合った千枝とナホが、新型コロナウィルスのパンデミックという事態の中で自分たちに出来ることはないかと考え、オンラインヨガを始めることにしました。
 

当初は対面レッスンの代替としてスタートしましたが、オンラインレッスンには、対面とは違う意義があり、利点があると実感しました。もちろんデメリットもあるけれど、レッスンを継続する価値があると確信しています。

オンラインレッスンという蓄積された知見のない形式で、どのようにヨガを指導するかなどの情報を発信も含め、今後も活動を続けていくことを決心しました。

ハタヨガの練習を通じて、楽しみながら自己鍛錬を習慣づけてゆく。ヨガのアサナの基本原則である「安定して快適であること」をマットの上で学ぶことによって、心身の安定と快適な状態をマットの外の社会でも保つことが身に付くヨガのレッスンと情報の提供を引き続き目指していきます。

who we are.

Chie

京都市出身千葉県在住。首都圏のヨガスタジオを中心に活動。’06年よりヨガを始め、アヌサラヨガを主に練習。指導歴12年。早稲田大学人間科学学術院修士過程で認知神経科学領域でヨガの研究中。E-RYT200, スタジオヨギー認定YIC200. チョコレートとヤクザ映画が好き。

Naho

​東京都出身。スタジオマネージャー/指導を兼務。’08年頃よりヨガを始めアヌサラヨガ、シヴァナンダ ヨガなどを学ぶ。現在は主にアシュタンガヨガを練習し、マイソールのSYCにて学ぶ。指導歴10年。E-RYT200, RYT-500。きな粉好き。

OUR VISON and MISSION

ひとりひとりが自分の価値を見つけ、その個性と能力を自信を持って発揮できるようになればいいなと思います。自分を認め、愛することができれば、他のひとのことも認められるようになります。社会全体がそんなふうになれば良いと思います。

ヨガのプラクティスでは、身体と意識の使い方が普段とちょっと違います。少しづつ身体的スキルを身につけながら、自分の感情に気づき、適切な距離を取ることを練習していきます。だから、練習方法を間違えなければ、謙虚さと自信を同時に育んでいけるのです。

 

初めてヨガを体験した時、とても素晴らしいメソッドだなと感じました。そして、ヨガに興味を持つ人が、同じような社会を望む人が、誰でも気軽にヨガにアクセスできえれば良いなとずっと考えてきました。でも、どう行動すべきか、よくわからなかった。

 

現在、新型コロナ・ウィルスの影響などもあって、職を失ったり、収入が減ったりしてスタジオに通うことが困難な人もいらっしゃると思います。もちろん、その前からも…。

 

古代のヨガは上流階級の男性が行うものでした。現代では女性のヨギの方が多くなりましたが、性別だけでなく社会的な階層も取っ払われることを心から望んでいるのです。

ヨガが必要な人すべてに届くために、わたし達は行動します。


 

こんなふうに取り組んでいます

インターネット回線とデバイスだけは必要ですが、誰でも受けてもらえる無料の朝ヨガを継続的に行っています。しっかりと学ぶクラスは有料ですが、6月まではチャリティヨガとして、今後は一部を寄付に充当することにしました。

 

コロナが収束したら対面レッスンやワークショップなども開催したいし、まだまだ取り組んでいきたいことはありますが、​ふたりきりの小さなオンラインスタジオですので、少しづつできる範囲でやっていこうと思います。お楽しみに! 

 

 


 

朝ヨガ40min(無料)

朝に身体を動かすことのメリットを広く知ってもらいたい思いで無料で行っています。​予約は必要ですが、デバイスとインターネット環境があれば、どなたでもご参加いただけます。

​レベル・テーマ別クラス

週末を中心に、しっかりとヨガを学べるレベル別のクラスや、テーマを設けたクラスを開催します。こちらは60分〜90分たっぷりと行います。収益の一部を寄付に充当します(現在はシングルペアレントの支援に当てています)

言葉で伝えるヨガ

ヨガに関する記事をnoteに定期的にアップロードしています。ヨガを学ぼうとする人、学んでいる人、伝えてる人、それぞれが楽しみながら知識を深められることを目指しています。そこから何かインスピレーションがありますように!

 
 

わたし達のサポートをしていただけませんか?

平日の無料レッスンしか出られない方からお支払いしたいというありがた過ぎるお声をいただくことがあります。確かに、オンラインヨガをホストするためにの運営資金もかかっておりますし、実はヨガインストラクターも新型コロナウィルスの感染予防の影響を多いに受けています。​リワードもありますので、もし良ければサポート会員になっていただけたら嬉しいです。

 

お問い合わせ

  • note_logo